6月分のHumble Monthlyに収録される予定だった『Call of Duty: Black Ops 4』がスタンダードエディションに変更される ゾンビモードもプレイ可能に

ゲームニュース

サブスクライブすると月替りでゲームを受け取ることができるサービス「Humble Monthly」だが、2019年6月の収録分として公開されていた『Call of Duty: Black Ops 4』のエディションが今日になって急遽変更されたことで話題を呼んでいる。

October 2019 Humble Monthly
Get BattleTech and more when you subscribe for just per month!

今までは対戦モードのみがプレイ可能な制限付きのエディションが収録されると公表されていたのだが、サブスクライブ期限が残り1周間と少しとなったところで突然ゾンビモード入りのスタンダードエディションに変更され、$12で完全な製品版+αを受け取れる形になった。

既にサブスクライブ済みで制限付きエディションのプロダクトキーを受け取っていた場合、該当のHubleアカウントには新たにスタンダードエディションのキーが追加され、結果としてBO4を2つ受け取る形になったようだ。

また、今回のHumble MonthlyにはBO4で使えるアウトフィットなどのコスメティックアイテムが収録されていることも公表されている。

サブスクライブ期限が迫っている中で突然行われた収録内容のアップグレード。色々と邪推したくもなるが、AAAタイトルをおまけ付きで$12で買えるのは嬉しいところだ。CoDシリーズ最新作に関する発表も近いはずなので、シリーズを遊ぶにはちょうどいいタイミングだろう。

コメント